CERAMIC セラミック治療

FOR WHITE AND HEALTHY TEETH メタルフリーで
白く健康な歯に

当院では、自由診療の白い詰め物・被せ物治療で、清潔感ある明るい印象のお口元の実現に努めています。会話をしている相手の歯が黄ばんでいたり、銀歯が見えたりすると、それだけで不衛生な印象を抱きやすくなるものです。

そういった状態にコンプレックスを感じて、会話を楽しめない、お口を大きく開けて笑えないという方は少なくありません。また、銀歯は劣化によって金属の錆が生じたり、隙間から虫歯菌が侵入し、再び虫歯になってしまうリスクもあります。見た目の改善だけでなく、機能的な面でもセラミック治療は有効です。金属アレルギーの恐れもありません。

CAD/CAMシステムによる
短期間でのセラミック製作

CAD/CAMとは詰め物、被せ物などの補綴物を設計から製作までコンピュータ制御の機器で行えるシステムです。専用のスキャナーで患者様の歯型から製作した石膏模型の形状を読み取り、3Dデータ化して画面上で分析し、修復物の加工を行うミリングマシンを使って製作します。

素材を無駄なく使用できるため加工コストの軽減が可能となり、デジタルの活用で製作期間の短縮にも貢献しています。さらに当院では院内に技工室を備えているため、データ上の色味の確認だけでなく、歯科技工士立ち合いのもと、微調整や色の確認を行えます。よりスピーディーに精度の高い補綴物をご提供しています。

セミラックによるメタルフリーで
得られるメリット

セラミックは熱さや冷たさによって伸び縮みを表す膨張係数が天然の歯に近いとされています。一方、金属の場合は天然歯よりも大きく伸び縮みするため、従来の銀歯では隙間ができやすく、セメントが溶け出したり、虫歯の原因となる菌の侵入を容易とし、虫歯の再発を誘発するリスクがあります。

また、金属アレルギーをお持ちの方は、指輪やネックレスなどのアクセサリー類に限らず、銀歯などの金属でも反応してしまうことがあります。セラミックは金属を使用しないため、身体面でも安心です。このようにセラミックでは見た目の綺麗さのみならず、お口の中を良い状態で保つ意味でも効果が期待できる治療です。ここではいくつか治療法をご紹介します。実際の治療では患者様のご要望や症状に合わせて最適な被せ物をご提案します。

動画で見るセラミック治療

TYPE 素材の種類

セラミック

セラミックは、天然歯に近い白さと透明感を再現できる、ノンメタル素材です。経年劣化をすることがないため、しっかりとメンテナンスをしていれば、美しい見た目を長持ちさせることが可能です。

メリット

  • 天然歯に最も近い見た目を
    再現できる
  • ノンメタル素材のため、
    金属アレルギーの方も
    使用できる

デメリット

  • 保険適用外のため費用が
    高額になる
  • 金属と比べて割れやすい

ジルコニア

合成ダイヤモンドにも使用されるジルコニアは、非常に硬いことが特徴です。白くて透明感があり、歯に近い見た目に近づけることができます。身体との相性が良いため、アレルギーを引き起こすこともほぼありません。

メリット

  • 歯に近い白さを再現できる
  • 割れづらく劣化もしにくい

デメリット

  • 保険適用外のために高価
  • セラミックよりも
    審美性は低い

ハイブリッドセラミック

ハイブリッドセラミックは、歯科用樹脂にセラミックを配合し、柔軟性と強度を両立した素材です。弾性があるために噛み合う歯にダメージが少なく、金属アレルギーによる全身への影響も無い、身体に優しい素材です。

メリット

  • 自由診療内では
    比較的安価な素材
  • 噛み合う歯に優しい

デメリット

  • 樹脂を含んでいる分、
    セラミック単体より
    着色しやすい
  • 金属よりも割れやすい

金銀パラジウム

金銀パラジウムは、一般的に銀歯と呼ばれている素材です。金・銀・パラジウムを主成分とした強度が高い素材ですが、長期間使用すると唾液にイオンが溶け出し、金属アレルギーの原因になります。

メリット

  • 保険適用の素材のため安価
  • 強度が高く破損しにくい

デメリット

  • 歯との間に隙間ができやすく
    虫歯の再発につながる
  • 金属アレルギーの原因になる

メタルボンドクラウン

メタルボンドクラウンは、特殊な合金にセラミックを焼き付けた被せ物です。強靭な金属のフレームがあるため、壊れにくいと言われています。表面はセラミックが覆っているため、美しい見た目が特徴です。

メリット

  • 耐久性が高い
  • 美しい見た目

デメリット

  • 金属アレルギの可能性が
    少しある
  • 透明度は
    オールセラミックに劣る
  • 保険適用外のために高価

コア

大きな虫歯を削る、歯が折れるなどの治療によって歯質が少なくなった際に、歯内に入れる人工の土台を、コアといいます。詰め物・被せ物同様、さまざまな素材のコアが存在しており、費用や見た目へのこだわりに合わせて選択が可能です。

メタルコア

メタルコアは、保険治療で一般的に使用されることが多い、金属製の土台です。コア自体の強度が高く、安価で使用できるというメリットがあります。しかし、歯根破折のリスクが高く、歯を削る量が多い、歯や歯茎の変色につながるというデメリットもあります。また、金属アレルギーの原因にもなります。

ファイバーコア

ファイバーコアは、グラスファイバーのポストで補強をした、レジン製の土台です。天然歯に近い弾性があるために歯根を破損しにくく、白くて透明感があることから、セラミックやジルコニアの被せ物を入れた際にも、コアが透ける心配がありません。ノンメタル素材のため、金属アレルギーがある方も安心して利用いただけます。

ラミネートベニア

ラミネートべニアは、歯の表面をわずかに削り、薄いセラミックを付け爪のように張り付ける審美治療の一種です。ホワイトニングでは白くできない歯の色を改善したい、歯と歯の隙間が気になる、歯の形を少しだけ変えたいという場合に選択されています。

メリット

  • 美しい見た目を実現できる
  • 歯を削る量が少ない

デメリット

  • 自由診療のため
  • かみ合わせによっては
    外れやすい
  • 保険適用外のために高価

TREATMENT MENU 診療のご案内

各種保険取扱 予約優先 急患随時 tel.06-6551-2562 お問い合わせ WEB予約 WEB問診票

9:30~12:30 / 14:30~18:00 
※土曜午後は14:00~17:30の診療です

タップでお電話 06-6551-2562 お問い合わせ 医院ブログ 初診WEB予約